ビーエスコート 脱毛 種類

MENU

ビーエスコートの脱毛の種類について解説|脱毛時は痛い?

ビーエスコート 脱毛 種類

エステサロンで採用されている脱毛法は【光(フラッシュ)脱毛】と呼ばれるものになります。この光脱毛は痛みが少なくお肌にとっても負担が少ないと言われていますが、実際に体験していない方にとってはどんなものか気になる事かと思います。

 

今回はビーエスコートの脱毛の種類などについても解説しています!

 

ビーエスコートの脱毛の種類は?

ビーエスコートでは光脱毛を採用しています!

ビーエスコート 脱毛 種類

※光脱毛って何?
光脱毛の光は黒いものに対して作用する性質があります。(メラニン色素)
可視光線から広範囲の波長エネルギーをムダ毛に当てる事によってムダ毛の毛根に作用し、脱毛出来るという仕組みなんです。

 

黒いものにしか反応しないので、お肌に対して刺激を与える事なく痛みや炎症を抑える事が出来るので、安全に脱毛する事が出来る方法になっています。

 

また、光を当てる範囲が広いので、短期間での脱毛処理が可能です!

 

光脱毛での脱毛イメージはコチラ

ビーエスコート 脱毛 種類

コチラはビーエスコートで光脱毛を行った際の脱毛イメージになります。このような形で脱毛が行われて行きます。

 

ビーエスコートの脱毛時のこだわり

ビーエスコート 脱毛 種類

ビーエスコートでは、お客様に安全に脱毛を行ってもらう為に、お肌の水分量値を施術前に測定しています。

 

お肌が乾燥していると効果が出にくくなるだけではなく、様々な肌トラブルを引き起こす事も考えられるので、肌水分量が一定値に満たない方は施術をお休みして貰う事もあります。

 

 

ビーエスコートの光脱毛は痛くないの?

脱毛方法には主に3種類あります。

 

■ニードル脱毛法
■レーザー脱毛法
■ビーエスコート 光脱毛

 

⇒ニードル法…ムダ毛を一本一本処理していく方法です。毛抜きのような特殊な機材でムダ毛に電流を流し、一本一本抜いていく方法なので痛みが伴います。

 

⇒レーザー脱毛…医療用脱毛で、威力は強いですがその分痛みも伴います。また、威力が強いのでお肌が弱い方だとトラブルを起こす可能性も高くなります。

 

⇒ビーエスコート 光脱毛…医療用レーザー脱毛の威力を民間でも扱える威力にしたのが光脱毛で、レーザー脱毛の良い部分を残しながらお肌に負担をかけずに脱毛する事が出来ます。

 

ビーエスコートの光脱毛の痛みの度合いは大体「輪ゴムでお肌をはじく程度」と言われており、人によって痛みの感じ方は様々なですが、大部分の方が「思っていたより痛くない!」という口コミが多いですね。

 

ただ、光脱毛は黒いもの(メラニン色素)に反応するので、お肌が黒ずんでいたりすると全体的に痛みを感じやすくなる場合もありますが、ニードル法やレーザー脱毛から比べるとその痛みが格段に抑えられていると言えるでしょう。